SSブログ

「盤古」天地を開く (中国の寓話) [中国の寓話]

banko2.jpg                         
  昔むかし大昔、宇宙は混沌としていて物の見分けができなくて、ただ大きなたまごのようだった。「盤古」はこの混沌のたまごの中に生きていた。

  後に、「盤古」が動くたびにたまごが分化しはじめ、軽いものは上に浮き上がり{天}となり、重いものは下に沈み{地}となった。

  天は毎日一丈づつ高くなり、地も毎日一丈づつ厚くなっていった。「盤古」の体もそれにつれて大きくなっていった。こうして1万8千年が経ち、天と地の間が9万里にも広がり、「盤古」の体も9万里の巨人に成長した。

  寿命が尽きて「盤古」が死ぬ時、その息は風と雲に変わり、声は雷鳴に、左の眼は太陽に、右の眼は月に変わった。

  頭と四肢は大きな山となり、血は紅い河となり、肉は田畑となり、頭髪と眉は星となり、毛は草木となり、汗は雨露となり、骨は岩や石となり、精神は鳥獣魚虫のたましいになり……、

  要するに天地間の万物はすべて「盤古」の体から作られたものとなった。「盤古」は自身の一切を投げ打ち、この美しい天地を創造したのであった。
                                    {芸文類聚}より
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

抜苗助長南轅北轍 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます